requireとincludeの違い

require()とinclude()は エラーの扱い方を除けば全く同様に振り舞う。
エラーが発生すると、
include()Warning を出力する。
require()Fatal Errorを出力する。
言い換えると、指定されたファイルが無い場合に、処理を停止したい場合は require()を使用した方が良い。
include()を使用すると、読み込むべきファイルが存在しない 場合も処理が続行される。include_path を適切に設定することも忘れずに。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License