探索アルゴリズム

①線形探索
  データ列の先頭から末尾に向かって1つずつ探索していくアルゴリズム。

②二分探索
  二分探索法は、あらかじめ配列を昇順あるいは降順にソートしておくことが前提。
  そして、まず配列の中央にある要素を調べ、
  もし目的の値と異なっていれば、目的の値とその位置にある値との大小関係を元に、
  配列の前半あるいは後半だけを調べるように、次の探索対象の範囲を設定する。
  その後の調べ方も同様。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License