制御装置の役割

CPUとは?
コンピュータを構成する部品の一つで、各装置の制御やデータの計算・加工を行なう装置
メモリに記憶されたプログラムを実行する装置で、入力装置や記憶装置からデータを受け取り、演算・加工した上で、出力装置や記憶装置に出力する。


制御装置の役割
主記憶装置にあるプログラムや命令を1個ずつ取り出して解読して他の装置を制御する。

  • プログラムカウンタ(命令アドレスレジスタ)

        現在の命令のアドレスか次の命令のアドレスを保持する。

  • データレジスタ

        主記憶装置から取り出した命令や演算データを一時的に格納する。

  • 命令レジスタ

        主記憶装置から取り出した命令を格納するレジスタ。

  • インデックスレジスタ(指標レジスタ)

        インデックスアドレス指定で使用する指標値を保持するレジスタ。

  • ベースレジスタ(基底レジスタ)

        ロードしたプログラムの先頭アドレスを格納する。

  • 汎用レジスタ

        その名の通り汎用的に使用するレジスタで、インデックスレジスタやベースレジスタなどの役割をする。

  • PWSレジスタ

        プログラムの実行に必要な情報を保持するレジスタ。

  • デコーダ

        機械語命令を解読して、その結果、他の装置へ制御信号を出す。


Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License