論理演算

論理演算(画像で説明)

論理演算(Logical Operation)は、ブール演算(Boolean Operation)とも呼ばれ、1(真)か0(偽)かの2通りの入力値に対して1つの値を出力する演算です。論理演算は、コンピュータ内部の演算に使用するほか、データベースの複数の語句を掛け合わせて検索する複合検索などにも応用されます。論理演算で用いる集合の領域を表した図をベン図(Venn Diagram)またはオイラー図(Euler Diagram)と呼び、入出力の全てのパターンを表した表を真理値表(Truth Table)と呼びます。

論理積(AND)

論理積(AND)は、入力値がすべて1のときに1を出力する。それ以外の入力値のときは0を出力する。
sys011_01.gif

論理和(OR)

論理和(OR)は、入力値にいずれか1が入力されたときに1を出力する。それ以外の入
力値のときは0を出力する。
sys011_02.gif

否定(NOT)

否定(NOT)は入力された値が1なら0に、0なら1に反転する。
sys011_03.gif

否定論理積(NAND)

否定論理積(NAND)は、AND出力を否定(NOT)したものである。すべての入力値が 1の
とき0を出力する。それ以外のときは、1を出力する。
sys011_04.gif

否定論理和(NOR)

否定論理和(NOR)は、OR出力を否定(NOT)したものである。すべての入力値が0のとき
1を出力する。それ以外のときは、0を出力する。
sys011_05.gif

排他的論理和(EOR、XOR)

排他的論理和は、入力値が違うとき1を出力する。それ以外(入力値が同じとき)は、0を
出力する。
sys011_06.gif

ピックアップサイト
http://www.pursue.ne.jp/jouhousyo/sysad/sysad011.htm


Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License