データベースの起動と停止

データベースの起動

データベース起動の構文
startup [nomount|mount|open]

startup コマンドを実行して nomount、 mount 状態にした場合、さらに先の状態に進めるためには alter コマンドを使用する。
alter database [mount|open];

**インスタンス起動(NOMOUNT)
初期化パラメータファイルを読み込み、SGAを割り当て、バックグラウンドプロセスを起動することで、インスタンスが起動する。
このとき、初期化パラメータCONTROL_FILESにて制御ファイルが識別される。

**データベースのマウント(MOUNT)
制御ファイルをオープンする。
制御ファイル内に記録されているREDOログファイル、データファイルを識別する。
この時点で、データファイルとオンラインREDOログファイルが物理的に存在するかどうかの評価はしない。
MOUNT状態では、下記のデータベースメンテナンス操作が行える。
ファイル名の変更(オンライン表領域のファイル名の変更はオープン状態で行うことができる)
オンラインREDOログファイルのアーカイブの有効化/無効化の設定
全データベース回復(データベースの部分回復は、オープン状態で行うことができる)

**データベースのオープン(OPEN)
REDOログファイル、データファイルをオープンする。
oracleサーバーはデータベースの整合性をチェックし、必要であればSMONがインスタンスを回復する
特権ユーザー(SYSDBA、SYSOPER)以外のユーザーの接続が可能になる。


STARTUPコマンドの引数を指定しない場合はデータベースのオープンまで行われる。


データベースの停止

データベースの停止構文
shutdown [normal|immediate|abort|transactional]

shutdown normal**
現在接続中のユーザーがすべてログアウトするまで待機する。
すべてのユーザーがログアウトすると、データベースのシャットダウンが始まる。

shutdown transactional 
現行のトランザクションが終了するまで待機する。
現行のトランザクションが終了すると、データベースのシャットダウンが始まる。

shutdown immediate
即時にデータベースのシャットダウンが始まる。
シャットダウンを始めた時点でコミットされていない変更(実行中のトランザクションも含む)はロールバックされる。

shutdown abort
即時にデータベースのシャットダウンが始まる。
コミットもロールバックも行わない為、次回の起動時にインスタンス回復が行われる。

※重要
abort以外の停止はチェックポイントが行われファイルはクローズ、ディスマウントされるため、次の起動時にインスタンス回復は行われない。


データベース起動と停止の例

※select status from v$instance; でデータベースの状態を参照する

SQL> connect / as sysdba
接続されました。

SQL> select status from v$instance;
select status from v$instance
*
1行でエラーが発生しました。
ORA-01034: ORACLE not available

SQL> startup nomount
ORACLEインスタンスが起動しました。
Total System Global Area 109868016 bytes
Fixed Size 283632 bytes
Variable Size 75497472 bytes
Database Buffers 33554432 bytes
Redo Buffers 532480 bytes

SQL> select status from v$instance;
STATUS


STARTED

SQL> alter database mount;
データベースが変更されました。

SQL> select status from v$instance;
STATUS


MOUNTED

SQL> alter database open;
データベースが変更されました。

SQL> select status from v$instance;
STATUS


OPEN

SQL> shutdown
データベースがクローズされました。
データベースがアンマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License